iPhoneのバックアップ機能

iPhoneのバックアップ機能

iPhoneにはもしもの時のためのバックアップ機能が備わっています。個人の設定情報をはじめ、アプリのダウンロード履歴などを保存することができます。

バックアップ機能を利用するためには、まず初期設定を行う必要があります。
iPhoneの設定画面からiCloudバックアップのスイッチをオンにしましょう。
これで初期設定は完了となります。バックアップ機能が動作する時間ですが、自動で設定されているため個人で設定を行う必要はありません。

バックアップ機能は5GBなら無料で利用することが可能です。
それ以降の容量を希望する場合は、別途料金を支払う必要があります。

マイナビニュースに関する有益な情報をご紹介いたします。

20GBなら100円、500GBなら1200円、1Tなら2400円で容量を増やすことができます。


自分がバックアップしたい容量を確認して決めると良いでしょう。バックアップ機能を利用して保存した情報はiPhoneから調べることができます。保存した内容を確認する際は、必ずパスワードもしくは指紋が必要になるので、忘れないようにしましょう。

今すぐ使えるYahoo!知恵袋に関するお役立ち情報コーナーです。

もし忘れてしまった場合でも、再設定を行うことはできます。



なお、バックアップ機能を利用するためには、Wi-Fi接続が必要となります。
通常利用しているモバイルネットワーク回線では利用できないので注意が必要です。


容量が多いため、モバイルネットワーク回線では利用できないのです。

自宅もしくは特定のスポットへ行き、行うようにしましょう。

  • 携帯入門

    • iPhoneは、一台あれば携帯電話としても音楽プレイヤーとしても活用出来て、ゲームやインターネットや本を読んだりする事もこれ一台でこなせる事となります。iPhoneを持つ事で色々と複数の事が出来る為、まずは選ばれているスマートフォントして一番の人気の高い賞品となります。...

      detail
  • 携帯の特徴紹介

    • iPhoneはさまざまなメーカーがヘッドホンを出しているので比較的音楽を聴くにはよい環境が揃っています。しかし、iPhone単体で聞く音楽は物足りないと言う方も多いようです。...

      detail
  • 携帯の補足説明

    • 新しい機種を購入したために、古くなった機種のiPhoneを手放したいと考えている人は多いでしょう。同じ処分するのであればお得な形で売却したいと考えているユーザーは多く、そのまま廃棄するよりもiPhone買取業者に売却することがおすすめです。...

      detail
  • 最新情報

    • 国民の多くが持っていると考えられるものが、スマートフォンとなります。そのために不要となってしまう端末も多く、中古のスマートフォンを買い取って再販売している業者もあります。...

      detail